引っ越し ベッド 値段

引っ越しでベッドを運ぶ値段を知る方法とは

引っ越し ベッド

引越し ベッド 宅配

引越し ベッド 配送

引っ越し ベッド 輸送

引っ越し ベッド 運ぶ

引越し ベッド 移動

 

便利なベッドですが、引っ越しの時は実に困った家具になりますね。
ベッドってどうやって運ぶかご存知ですか?

 

実は引っ越し業者は、一度ベッドを分解して運搬、新居にて組み立てるという作業を行っています。
この作業を素人がすると、ものすごく時間がかかります。

 

ベッドにはマットレスがついていますが、これも大きいので簡単には運べませんね。
ベッドやマットレスの引っ越しは、引っ越し業者にお任せしましょう。

 

できるだけ費用を抑えたいなら、引っ越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

一度情報を入力すれば、最大10社から見積もりが送られてきます。
相場はもちろん、最安値も簡単に見つけることができますよ。

 

実は引っ越し業者には、ベッドだけを送って欲しいという依頼が少なくありません。
多くの引っ越し業者で、家財だけを運ぶサービスを行っていますのでお気軽にご利用くださいね。

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

レンタカーのトラックでベッドを運ぶ方法

 

引越し レンタカー

 

自分でレンタカーのトラックを借りてベッドを運んだら費用はどうなるだろうと考えませんか?
いろいろな目線でシュミレーションしてみましょう。

 

まず普通免許で運転できるトラックは2t未満ですから、1tトラックか1.5tトラックか軽トラックになります。

 

1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

トラックの大きさは他に運びたい荷物がどのくらいあるかで決めてください。

 

軽トラックの荷台は長さ194cm×幅141cmですから、ダブルベッドのサイズとほぼ同じくらいです。
シングルベッドかセミダブルなら、もしかしたらそのまま運べるかもしれませんね。
しかしベッドには厚みのあるもののあるため、やってみないと分からないところが怖いですね。

 

もし入らなかった場合やそれ以上に大きいベッドは、一度分解して運び再び組み立てなければなりません。
引っ越し業者はベッドを運ぶ際は、分解して運んでいるそうです。

 

ちなみにトラックのレンタル料はどのサイズも1日7000円〜10000円ほどかかります。
それと一番最後にレンタカーの営業所近くのガソリンスタンドに立ち寄って、ガソリンを満タンにして返却しなければなりません。

 

近距離であれば1日もあれば充分ですが、遠距離の時は自分で運ぶメリットは少ないようです。

 

もちろんレンタカーは借りた営業所と違う営業所に返却することが可能ですが、その場合は結構な手数料がかかります。
2つの営業所の距離が遠ければ遠いほど、手数料は高くなります。

 

 

引越し費用と繁忙期

 

引越し 費用と時期

 

宅配業者で運ぶ荷物の料金はどの時期でも同じ金額です。
郵便局のゆうパックもそうです。
同じ荷物を同じ距離運ぶ場合に、値段が変わるなんてことはありません。

 

しかし引越し業者は違います。
引越し業者は同じ量の荷物を同じ距離運んでも、運ぶ時期によって値段が大きく変わります。

 

なぜなら引越し業者には繁忙期があるからです。
繁忙期は1年で最も引越し業者が忙しい時期で、日本全国どこの引越し業者もネコの手も借りたいほどです。

 

3月の繁忙期は4月からの新学期の準備のために、新大学生や新社会人が新しい環境に飛び込むからです。
また春の人事異動で転勤が決まったサラリーマンとその家族の引越しもあります。

 

ベッドだけを運ぶなら繁忙期は避けることをオススメします。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しが決まったら早く引越し業者を決めてしまいたいところですが、まずは新居探しが先です。
新居物件の階数やエレベーターの有無などの情報がなければ、正確な見積もり金額を出すことができないからです。
しかしのんびりしていると、条件の良い引越し業者の予約は埋まってしまうので、新居探しと見積もり依頼はスピードが大切です。

 

荷物は早めに梱包していきましょう。
あまり使わないものや季節外れの洋服などからどんどんダンボールに梱包して、何が入っているか必ず書いておきましょう。

 

そして不用品はできるだけ引越し前に処分してください。
新居に運ぶ荷物が多ければ多いほど、引越し料金が高くなるので計画的に処分してくださいね。

 

もし市外へ引越しする方は「転出届」を市町村役場に出します。引越しの2週間前から出すことができます。
国民健康保険や国民年金、児童手当など役所関係のものがあれば、住所変更について必要なものがないか聞いておくと何度も足を運ぶ手間がありませんね。

 

電気・ガス・水道は引越し日までは前の住所で使えるようにしてもらい、その日までの費用を日割りで精算してもらうように手配しましょう。
詳しいことは会社によって異なりますから、電話をして確認してください。
同じ市内での引越しなら、引越し日から新居で使えるようにしてもらってくださいね。

 

引越しで郵便物が届かなくなったら不便です。
そこで最寄りの郵便局に行って転送届を出し、引越し日からは新居に荷物を転送してもらう手配をしてください。
これで1年間は転送してくれますから、その間に引越しした新住所を知り合いに伝えておきましょう。

 

引越し当日は家具や家電の配置を引越し業者に指示してくださいね。
引越し業者が運べないものもあります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは、自分で運んでくださいね。

 

引越し日から2週間以内に市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を提出してください。
これで選挙など役所からのお知らせが届きます。

 

運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きを行ってくださいね。

 

 

引越しでの粗大ごみの処分

 

引越し 粗大ごみ

 

引越しの際、思い切っていらない家具を断捨離しましょう。
ベッドなどの家具は大きいので新居にとりあえず持っていこうとするとその分の費用が余計にかさむ場合もあります。

 

新居に運んでみて、やっぱり捨てようというのは勿体ない話です。
いるかいらないか迷ったら、おそらくいらないものですから思い切って捨てましょう。

 

しかし残念ながら、粗大ごみはいつでも自分のタイミングで捨てられるものではありません。
市区町村によって多少回収方法は違うようですから、ホームページや電話で確認してください。

 

まず最初の方法は、手数料を支払って取りに来てもらう方法です。

 

クリーンセンターやリサイクルセンターなどに連絡をして引き取りに来てもらう日を予約し、コンビニで粗大ごみシール(手数料)を買って捨てたいものにシールを貼り、約束の場所に時間以内に置いておけば引き取りに来てくれます。
シールは粗大ごみ1つにつき1枚ずつ必要です。ついでに引き取ってはくれません。

 

もう一つの方法は電話にて予約をして、自分でリサイクルセンターに持ち込む方法です。
これができるなら粗大ごみシールを買って貼る費用が必要ありません。

 

ベッドなどの木材ならばノコギリで50p以下に細かく切って捨てるという方法もありますが、楽な作業ではありません。
詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページで確認してください。

 

注意することもあります。
エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは粗大ごみでは出せません。
これらは家電リサイクル法により、家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。