引越し キャンセル

引越しとキャンセル

引越し キャンセル

 

引越し業者と契約済みの引越しをどうしてもキャンセルしなければならないこともあります。

 

急な長期出張や急病、手術、事故など予期せぬことで引越し作業ができない場合、気になるのはキャンセル料です。
引越しのキャンセルはどういうルールなのでしょうか?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
要約すると以下のようなことが書かれてあります。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということ。

 

これだけ読むと引越日の前日のキャンセルから、キャンセル料が発生することがわかりますね。
引越し業者が勝手に契約者に不利な条件や、法外なキャンセル料を設定できないようにしているのでしょう。

 

しかしたとえ3日前でも1週間前でも、急なキャンセルに違いはなく引越し業者には迷惑がかかることになります。
もしかしたらほかの人の予約を断っているかもしれません。

 

ですからキャンセルが決まったら、できるだけ早く引越し業者に連絡してくださいね。

 

キャンセル料が前日からしか貰えないのは困るという引越し業者からの意見もあるので、「標準引越運送約款」は改訂される可能性があります。

 

ですから、引越し業者を交わした契約書の「キャンセル」の項目にも必ず目を通しておいてくださいね。